睡眠障害

医師や専門家が深く詳しく解説します

睡眠障害

医師や専門家が深く詳しく解説します

睡眠障害 :「不眠のタイプと原因」について解説!“女性特有の不眠”も

公開日
更新日

 
執筆:Mocosuku編集部
 
医療監修:株式会社 とらうべ
 
 
睡眠障害 という言葉を聞いたことがありますか?
「ここ最近、なんだか寝てもスッキリしない」というあなた。
原因が思い浮かばないというと時は、もしかしたら睡眠障害かもしれません。睡眠障害には、不眠症、過眠症、睡眠呼吸障害、睡眠関連運動障害、概日リズム睡眠障害、睡眠時随伴症などがあります。
この記事では、睡眠障害の概要について説明するとともに、女性ホルモンが影響する女性の不眠についても詳しく説明していきます。
 
 

不眠症:そのタイプと原因

 
不眠は、文字通り「眠れない」ことをいいますが、次のようなタイプがあります。
 
入眠障害:なかなか寝つけないタイプ。布団に入ってから1時間以上寝つけないなど。
中途覚醒:睡眠中に目が覚めてしまうタイプ。2回以上目覚めてその後は眠れないなど。
早朝覚醒:通常よりも早く起きてしまうタイプ。2時間以上早く目覚めるなど。
熟睡障害:眠ったつもりでも、よく眠ったとの実感がないタイプ。

なお、これらの症状が複合的に生じることがあります。
 
「中途覚醒」については、「中途覚醒:朝までぐっすり眠りたい!睡眠障害のひとつである中途覚醒の原因と対策」の記事で詳しく説明していますので、参考にして頂ければ幸いです。
 
また、不眠の原因となりうる要因はさまざまあり、身体的なもの、精神的なもの、物理的なもの、そして薬等の影響などが考えられます。
例えば、身体的な要因としては、年齢的な体の変化、後述するような女性ホルモンの影響、痛み・痒み等睡眠を妨げる症状などです。
精神的なものとは、ストレス、悩み、興奮、緊張などです。また物理的なものとしては、暑さ・寒さ・騒音・明るさ・暗さ等の環境的な要因です。薬等の影響としては、服用している薬の副作用やアルコール、ニコチン、カフェイン等の摂取が例となります。
 
 

スポンサーリンク



過眠症

 
過眠症とは、夜睡眠をとっているのに、昼間に起きていられないほどの眠気を感じる状態です。過眠症としては、以下のようなものがあります。
・傾眠期と呼ばれる強い眠気を感じる期間が3~20日程度持続し、不定期にこの傾眠期が現れる「反復性過眠症」
・昼間の我慢できない眠気、居眠りがリピートする「ナルコレプシー」。居眠りは長くても30分以内と短く、居眠り後はすっきりする。
・眠気が日中に生じ、1時間以上続く居眠りが主な症状である「特発性過眠症」
 
過眠症の原因として、夜の睡眠に何らかの問題がある、脳の覚醒維持の働きに何らかの異常があることが考えられています。
 
 

睡眠呼吸障害

 
睡眠呼吸障害とは、睡眠時の呼吸に異常がある病態を指し、最近かなり周知されるようになった睡眠時無呼吸症候群が、この睡眠呼吸障害の代表的な疾患となっています。1時間当たり5回以上の無呼吸もしくは低呼吸があった場合、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
 
睡眠時無呼吸症候群になると、昼間に眠たくなる、起きているときに疲れやだるさを感じるる、頭痛等の症状がある…だけではなく、脳梗塞高血圧、虚血性心疾患の原因になることが明らかになっています。
 
 

スポンサーリンク



概日リズム睡眠障害

 
体内時計のサイクルと生活のパターンがあわないために生じる睡眠障害です。
具体的には工場などで、夜と昼の勤務を交互に繰り返すような状況で、夜眠れなくなる、昼間に眠たくなる、能率が落ちる、その他身体的・精神的症状が生じる場合があります。
また、朝まで寝つけず寝つくと昼過ぎまで寝てしまう、夕方から眠くなり早朝に目覚める、就寝時間、起床時間が1~2時間づつ遅れていく、睡眠と覚醒が昼夜関係なく不規則になる…等様々な病態があります。
 
 

睡眠関連運動障害

 
睡眠関連運動障害として、むずむず脚症候群と周期性四肢運動障害があります。むずむず脚症候群は、床に就くと、足にむずむずするような不快な感覚が生じ、なかなか眠れないという症状がおきます。むずむず脚症候群の原因としては、ドーパミンの機能障害、鉄分の不足、遺伝的要因等が想定されています。
 
周期性四肢運動障害は、就寝中に自分の意思とは無関係に手足がびくつくため、深い眠りを得られないという病気です。この病気の原因ははっきりとわかっていませんが、睡眠薬や抗不安薬を服用している、鉄欠乏性貧血、腎機能障害、むずむず症候群である…等の人に多くみられるようです。
 
 

睡眠時随伴症

 
睡眠中、睡眠前後に生じる好ましくない現象をさします。例えば、深い睡眠時に、①歩き回る夢遊病(睡眠時遊行症)、②泣き叫ぶ睡眠時夜鷹症等です。
 
 

女性特有の不眠って?

 
前項までは、睡眠障害の概要について説明をしてきましたが、ここからは、睡眠障害の中でも、多くの女性が悩んでいる女性特有の不眠について説明します。
この種類の不眠をおこすのは、女性ホルモンのバランスの崩れです。
 
例えば生理前。
女性の性周期は、女性ホルモンによってコントロールされています。月経の終わりごろから排卵前までの間に多く分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と、排卵が終った後から次の月経の間に増える黄体ホルモン(プロゲステロン)です。
 
黄体ホルモンには、基礎体温を上げる働きがあります。そのため、夜間も体温が下がりにくくなり、眠りが浅くなる、眠りにくい、昼間に眠気を感じる、といったことも多くなるといわれます。
また、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が多い時期は「頭痛」「腰痛」「腹痛」「浮腫み」「精神的に不安定になる」「吹き出物が出る」など、個人差はありますが様々な症状が出やすいこともあり、睡眠の質が落ちやすくなるのです。
 
このような月経時に出る症状がひどい場合は、「PMS(月経前症候群)」と呼びますが、なかでも30代の人の症状が一番重いといわれています。
仕事と生活の忙しい時期のストレスにより、さらに症状が悪化しやすいようです。
 
また、45歳~55歳ころは閉経の時期であるため、卵胞ホルモンの量が減っていきます(更年期)。
ホルモンの量が変化するこの時期は、脳の睡眠中枢にも影響が出て、入眠障害や中途覚醒といった症状があらわれます。その他にも「のぼせ」「ほてり」「めまい」「肩こり」などさまざまな身体症状があらわれるため、身体症状と睡眠障害がお互いに作用し合い、症状が強くあらわれることもあります。
 
いずれにしても、人はしっかりと眠ることで疲労を回復しますので、不眠が続けばカラダにも悪影響が出てきます。
PMSの症状や更年期症状が辛い場合には病院で相談することで症状が緩和し、眠りやすくなるかもしれません。
 
不眠が生理周期に関連しており一過性であるならば良いのですが、不眠の状態が1か月、週3日以上続くようであれば長期不眠症になる可能性があり、改善するのが難しくなるので病院で相談し治療を検討する必要があります。
 
 

睡眠障害 :どこで診察してもらえるの?

 
女性の不眠の場合、女性特有の症状に関連した不眠の可能性があるため、女性外来や女性専門外来を設けている病院、婦人科がおすすめです。
一般的な不眠では、内科、心療内科、精神科や睡眠外来を設けている病院などで相談することもできます。
 
 

まとめ

 
ここまで説明をした内容のポイントを以下に記載しましたので、ご参考にしていただければ幸いです。
・睡眠障害には、不眠症、過眠症、睡眠呼吸障害、睡眠関連運動障害、概日リズム障害、睡眠時随伴症等がある。
・女性ホルモンのバランスの崩れにより、不眠が生じることがある。
・女性ホルモンのうち黄体ホルモンの分泌量が多いと睡眠の質に影響を与える。
・女性特有の不眠については、女性外来を設けている病院、婦人科を受診するとよい。
・一般的な不眠の場合は、睡眠外来を設けている病院もしくは、内科、心療内科、精神科を受診するとよい。
 
 
 
<監修者プロフィール>
株式会社とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 
 

オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
睡眠不足 にならないためにどうすればいい?
 
睡眠薬 について:種類によって作用時間が違う…等 注意すべきポイントは?
 
「いびきの治療 は必要? いびきの危険性、原因別の治療法について」
 
音楽による良質な睡眠の効果 はどのくらいあるの?『ねむりのリズム』とは?
 
「睡眠に良い音楽 は“α波を引き出す”もの。どんな音楽が睡眠の質を高める?」
 
「眠気を覚ます方法 はこれ!すぐに眠気を覚ます方法や予防法を紹介」
 
ぐっすり眠る方法について精神科医が説明した以下の動画もあわせてご覧下さい。

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。