睡眠障害

医師や専門家が深く詳しく解説します

睡眠障害

医師や専門家が深く詳しく解説します

睡眠障害 :「不眠のタイプと原因」について解説!“女性特有の不眠”も

公開日
更新日

 
執筆:Mocosuku編集部
 
医療監修:株式会社 とらうべ
 
 
睡眠障害 という言葉を聞いたことがありますか?
「ここ最近、なんだか寝てもスッキリしない」というあなた。
原因が思い浮かばないというと時は、もしかしたら睡眠障害かもしれません。不眠には、女性ホルモンが影響している場合もあります。この記事では、女性の不眠を中心に睡眠の問題について考えていきましょう。
 
 

不眠のタイプと原因 :不眠とは?

 
不眠は、文字通り「眠れない」ことをいいますが、実は次のようなタイプがあります。
 
入眠障害:なかなか寝つけないタイプ。布団に入ってから1時間以上寝つけないなど。
中途覚醒:睡眠中に目が覚めてしまうタイプ。2回以上目覚めてその後は眠れないなど。
早朝覚醒:通常よりも早く起きてしまうタイプ。2時間以上早く目覚めるなど。
熟睡障害:眠ったつもりでも、よく眠ったとの実感がないタイプ。

 
「中途覚醒」については、「中途覚醒:朝までぐっすり眠りたい!睡眠障害のひとつである中途覚醒の原因と対策」の記事で詳しく説明していますので、参考にして頂ければ幸いです。
 
また、不眠の原因となりうる要因はさまざまあり、身体的なもの、精神的なもの(ストレスなど)、物理的なもの(環境の変化など)、そして薬の影響などが考えられます。
 
 

スポンサーリンク



不眠のタイプと原因 :女性特有の不眠って?

 
女性の場合、女性ホルモンのバランスが崩れた時に不眠になることがあります。
 
例えば生理前。
女性の性周期は、女性ホルモンによってコントロールされています。月経の終わりごろから排卵前までの間に多く分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と、排卵が終った後から次の月経の間に増える黄体ホルモン(プロゲステロン)です。
 
黄体ホルモンには、基礎体温を上げる働きがあります。そのため、夜間も体温が下がりにくくなり、眠りが浅くなる、眠りにくい、昼間に眠気を感じる、といったことも多くなるといわれます。
また、この分泌量が多い時期は「頭痛」「腰痛」「腹痛」「浮腫み」「精神的に不安定になる」「吹き出物が出る」など、個人差はありますが様々な症状が出やすいこともあり、睡眠の質が落ちやすくなるのです。
 
このような月経時に出る症状がひどい場合は、「PMS(月経前症候群)」と呼びますが、なかでも30代の人の症状が一番重いといわれています。
仕事と生活の忙しい時期のストレスにより、さらに悪化しやすいようです。
 
また、45歳~55歳ころは閉経の時期であるため、卵胞ホルモンの量が減っていきます(更年期)。
ホルモンの量が変化するこの時期は、脳の睡眠中枢にも影響が出て、入眠障害や中途覚醒といった症状があらわれます。その他にも「のぼせ」「ほてり」「めまい」「肩こり」などさまざまな身体症状があらわれるため、身体症状と睡眠障害がお互いに作用し合い、症状が強くあらわれることもあります。
 
いずれにしても、人はしっかりと眠ることで疲労を回復しますので、不眠が続けばカラダにも悪影響が出てきます。
PMSの症状や更年期症状が辛い場合には病院で相談することで症状が緩和し、眠りやすくなるかもしれません。
 
不眠が生理周期に関連しており一過性であるならば良いのですが、不眠の状態が1か月、週3日以上続くようであれば長期不眠症になる可能性があり、改善するのが難しくなるので病院で相談し治療を検討する必要があります。
 
 

睡眠障害 :どこで診察してもらえるの?

 
女性の不眠の場合、女性特有の症状に関連した不眠の可能性があるため、女性外来や女性専門外来を設けている病院、婦人科がおすすめです。
一般的な不眠では、内科、心療内科、精神科や睡眠外来を設けている病院などで相談することもできます。
 
 
<監修者プロフィール>
株式会社とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 
 

オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
睡眠不足 にならないためにどうすればいい?
 
睡眠薬 について:種類によって作用時間が違う…等 注意すべきポイントは?
 
「いびきの治療 は必要? いびきの危険性、原因別の治療法について」
 
音楽による良質な睡眠の効果 はどのくらいあるの?『ねむりのリズム』とは?
 
「睡眠に良い音楽 は“α波を引き出す”もの。どんな音楽が睡眠の質を高める?」
 
「眠気を覚ます方法 はこれ!すぐに眠気を覚ます方法や予防法を紹介」
 
ぐっすり眠る方法について精神科医が説明した以下の動画もあわせてご覧下さい。

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。